話題のZEH住宅とは?省エネ性能を高めた住まいの新しいスタイル!

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/05/10

家を建てようと考えている人の中には、昨今話題となっている「省エネ住宅」と「従来の住宅」どちらがよいか迷っている人もいるのではないでしょうか。そこで本コラムでは、省エネ住宅ZEHの基本の情報や、メリット・デメリットなどを紹介しましょう。省エネ住宅に興味のある人や、家の新築や改修を検討している人は参考にしてください。

ZEH住宅とは?

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称です。消費エネルギーを減らして、作るエネルギーを増やす住宅のことで、簡単にいうと省エネ住宅のことを指します。

経済産業省は、2020年までにハウスメーカーなどが新築する住宅の半数以上をZEH住宅にするという目標を掲げていました。そして今後、2030年までには新築住宅の平均がZEH住宅になることを目指しています。

ZEH住宅の特徴は、建物の断熱性を高めて省エネのための設備を導入することです。建物の断熱性能を上げれば、エアコンなどを使わない場合でも室内を快適な温度に保てますよね。そして省エネを実現するためには、家でエネルギーをつくるために太陽光発電システムを導入しなければなりません。消費するエネルギーをゼロ以下にし、エネルギーをつくれる快適な住宅が完成するのです。

ZEH住宅にするメリット・デメリット

■メリット

それでは、最初にZEH住宅にするメリットから紹介しましょう。

光熱費の節約になる…高い断熱性能によって、月々の光熱費を安くできます。

売電を行えば、収入を得られる…太陽光発電システムを導入すれば自家発電が可能です。電気が余った場合は、売って収入を得ることができます。

ヒートショックを防げる…断熱性能の高い家は、室内の温度を一定に保ちやすい特徴があります。そのため、夏は涼しく・冬は暖かい快適な生活が送れるでしょう。とくに冬は、急激な温度変化に起因するヒートショックを防ぐ効果も期待されています。

停電時も電気を利用できる…地震などの災害時に停電した場合でも、太陽光発電システムがあれば安心して生活をおくれます。

補助金を申請できる…国はZEH住宅の普及を目標にしているため、ZEH住宅を建てる、またはZEH住宅に改修する人に補助金を交付しています。補助金を受けるにはいくつかの条件がありますので、後ほど詳しく紹介しましょう。

■デメリット

ではここからは、デメリットを紹介します。

設備を導入するのに費用がかかる…ZEH住宅にするためには、省エネのための設備や太陽光発電システムなどを導入する必要があります。これらの設備を導入するためには、初期費用がかかるでしょう。

太陽光発電は天候に左右される…太陽光発電システムは、太陽の光を使って発電します。そのため、冬などの日照時間が少ない時期は発電量が減ってしまうのです。

屋根のデザインを自由に選べない可能性がある…太陽光発電システムで使用する大型のパネルは、多くの場合は屋根に設置します。そのため、屋根のデザインを自由に選べない可能性があります。

ZEH住宅に関する補助金

ここからは、補助金について説明します。ZEH住宅の補助金を受ける対象となるのは、「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ性能」の3つの基準を満たしたZEH住宅を「購入や改修、新築」する人で、なおかつ「所有者が自ら居住する戸建て専用住宅であること」と、「その施工や設計を行うのがSII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)に登録された「ZEHビルダーかZEHプランナー」であることです。

ZEHビルダー・ZEHプランナーとは、ZEH住宅を建てることを認定された工務店やハウスメーカー、設計事務所のことを指します。それでは、「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ性能」について詳しく説明しましょう。

■断熱性能

ZEH住宅と認められるには、室内外に熱を伝えにくくする必要があるようです。具体的には、断熱材を使用したり窓の品質を上げたりします。断熱性能は「UA値」という指標で記され、ZEH住宅の基準数値は0.4〜0.6W/㎡K以下にすることが定められているのです。

省エネ性能

ZEH住宅には、省エネ効果が高い設備を導入する必要があります。具体的には、基準を満たした省エネ効果のあるエアコンにする、照明はLED、給湯は消費電力の少ないものにするなどです。

創エネ性能

ZEH住宅には創エネ性能が求められます。創エネとはエネルギーをつくり出すことで、ZEH住宅では太陽光発電システムをメインに使用して自家発電しているようです。

補助金の申請方法について紹介しましょう。ZEH住宅は、ZEHビルダーでなければ建てられません。そのため、補助金の申請はZEHビルダーが行うことになっています。施主はZEHビルダーが作成した申請書類にサインをすれば、後は交付を待つだけなので一任するとよいでしょう。

 

ここまで、ZEH住宅について紹介しました。ZEH住宅にするには、断熱・省エネ・創エネのための設備導入に初期費用がかかりますが、将来的に節約につながること、補助金の申請ができることを考えると、後々の経済的な負担は軽減できるのではないでしょうか。新築や改修を考えている人は、経済面にも健康面にも優しい次世代の住宅「ZEH」を候補のひとつに検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事