トヨタホーム九州株式会社

トヨタホームの画像

トヨタといえば、車のイメージがパッと浮かぶかと思いますが、そのほかにも多くのジャンルの事業に取り組んでいることでも知られているでしょう。その事業の1つが、ハウスメーカーの「トヨタホーム」で、福岡県では福岡市、北九州市、大野城市などに展示場を展開しています。

ここでは、大手企業の注文住宅事業・トヨタホームの住まいについて、説明させていただきたいと思いますので、注文住宅業者をお探し中の方は、ぜひ参考になさってください。

精密な施工を実現! 住まいの85%が工場生産

トヨタホームの画像2トヨタホームでは、よりいい品質にするため、住まいの全体のおよそ85%を、工場で生産しています。その中で、生産工程をシステム化させ、人材育成プログラムを充実したものにし、500項目にもなる検査体制が敷かれました。

このように、プロセスを一つひとつ積み重ねていくことで、品質にバラツキがない、安定感のある家づくりが実現できるのです。

世界も認めるトヨタの工場品質

現場工事において注意しなければならないのが、構造体や断熱材といった部分は、雨などの影響を受けると劣化してしまいます。屋外での作業期間が長くなるにつれ、天候の影響を長く受けやすくなってしまうでしょう。

その点で言えば、トヨタホームは家づくりの85%が工場内で行われるため、天候に左右されず、より高品質な住まいを提供できます。

自動車生産のノウハウを活かした「高品質」

工場生産は、完成に至るまでのさまざまな工程の効率化につながるでしょう。ムダを徹底排除した家づくりが可能だからこそ、材料にもこだわり抜き、高品質な住まいの実現ができているのです。

そしてその高品質な住まいは、自動車生産をしてきた経験から培われた基本思想となっており、効率化を徹底していることによって、そのクオリティに達することを可能にしました。

スローガンは「よい品よい考」

トヨタホームがつくり出す品質は、技術が一つひとつ積み重なって実現したものです。分業制で進められる、それぞれの技能者が技能追求した結果となっています。

500項目の検査

トヨタホームの工場内は、コンピューターで一元管理されており、工程が徹底したシステム化により、生産効率を追求してきました。理想的な生産環境をつくることで、高品質な住まいづくりの実現へとつなげています。

鉄を知り尽くすトヨタだからできる「鉄骨構造」

トヨタホームの画像3耐震性をつくり出すために、トヨタでは独自の「鉄骨ラーメン構造」を、住まいづくりに取り入れています。そして非常に強い鉄の構造体は、鉄の扱いを知り尽くしているトヨタだからこそできる、高耐久テクノロジーの結集でしょう。

独自の鉄骨ラーメン構造

高層ビルでも用いられている鉄骨ラーメン構造は、鉄特有のしなやかな粘り強さによって、高い耐震性が発揮されます。

トヨタホームでは、ひとつでも強力な鉄の柱と梁を、さらに強く接合し、より強い構造体である「パワースケルトン」を、住まいづくりに採用しました。

耐震性にすぐれたユニット

トヨタホームがつくり出す耐震性は、太くてパワーのある柱が支えています。柱は125ミリ角で、その太さは業界でも指折りクラスでしょう。特に多く使用されている、3.2ミリ厚の鉄骨だと、1本の柱で178.4kNの重量も支えることが可能です。

また、構造体内でも、力が集中しやすい柱と梁の接合部には、「変形防止プレート」を内蔵し、変形が起きないように加工されています。接合部の強度は、変形防止プレートを内蔵しない場合と比較すると、およそ35倍もの強さを発揮しているため、その強さは圧倒的でしょう。

そしてユニットにボックスすることによって、強度は1.5倍に増します。1本の柱は178.4kNの強度ですが、ボックス化させることで261.8kNにもなるので、さらなる強さが生まれるでしょう。

トヨタならではの鉄の品質

長い自動車製造業の中で、気の遠くなるような量の鉄を扱ってきたトヨタは、住まいづくりでも、この技術を応用し、高品質な住まいを実現しています。

■ 強接合
パワースケルトンには、柱と梁を「強接合」によって、強力につなぎ止めることが欠かせません。釘やボルトを使うのではなく、ユニット全体を溶接によって一体化させ、そこへさらに変形防止プレートによって強化し、耐震性万全なラーメン構造へと昇華させています。

■ 高精度の溶接
トヨタホームでは、溶接の精度を上げるために、半自動溶接技術者検定をクリアしている技術者が溶接を行っています。また、独自の検定試験制度を導入して、さらなる技術の向上にも努めてきました。

■ 理想的な環境の工場
生産環境は整備されており、オートメーション化されているロボットと技術者が連携して、各自の特性を活かして溶接をし、安定感のある強さやクオリティの実現をしています。

すぐれた構造体による「大空間・大開口・自由設計」

トヨタホームの画像4日本は人口密度が高いため、限られたスペースの中で、どれだけ広く開放的な空間をつくることができるかが、住まいづくりのポイントとなるでしょう。トヨタホームの住まいは、柱や壁の制約が少ないので、抜けた広いリビングに大きな窓、開放的な吹き抜けなど、ありとあらゆる空間づくりが楽しめるほか、リフォームにもフレキシブルに対応しています。

光と風を取り入れる大開口

トヨタホームの住まいは、大開口によって心地よい光や風をたくさん取り込む、快適な生活を実現しています。その鍵を握るのが、先述した鉄骨ラーメン構造の存在でしょう。

従来の「軸組工法」や「壁式構造」では、筋交いや耐力壁によって、開口部の大きさにかなりの制約があるのが課題でした。しかしトヨタホームによる鉄骨ラーメン構造は、開口の大きさに制限がかからず、光や風が存分に体感できる大開口をつくることができるのです。

大空間で開放感を

柱と梁を最小限にし、それらで建物を十分に支えることができるトヨタホームの住まいは、耐震性の高さと理想的な大空間を両立させることに成功しました。

■ ワイドスパン工法
鉄骨のユニットの連結部を、強力な梁によって補強することで、構造体の強さは変わらず、柱のない大空間をつくり出せるのが、「ワイドスパン工法」です。この工法は、横だけでつながるのではなく、上下の空間を連結せされば、吹き抜けといった縦への開放感も、自由にプランニングできる、画期的な技術となっています。

■ 思い通りの間取りを実現
家族構成やライフスタイルによって、求める間取りは異なるでしょう。トヨタホームの住まいは、ユニットの豊富なバリエーションによって設計に自由度が生まれ、柱や壁の制限を受けないため、暮らしの変化にあわせて、好きな間取りにすることができます。

まずは「カタログ請求」してみよう!

自動車メーカーとしてのトヨタは、皆さんよく存じていて、中には車自体を持っているという方もいらっしゃるかとは思いますが、ハウスメーカーとしてのトヨタについては、ここで初めて詳細を知ったという方も多いのではないでしょうか?

なおトヨタホームでは、住まいづくりに関連するカタログを、さまざまなバリエーションで用意しています。もしトヨタホームの住まいも選択肢に入れるようであれば、ホームページからカタログ請求してみましょう。

トヨタホーム九州株式会社の基本情報

基本情報

会 社 名:トヨタホーム九州
本社所在地:福岡市東区原田4-2-7
創立年月日:平成3年4月27日
資 本 金:1億円
建設業許可:国土交通大臣許可(特-1)第25542号

店舗情報

■hitマリナ通り住宅展示場
住   所:福岡県福岡市西区愛宕4-21
電話番号 :092-885-1133
定 休 日:水~木曜日

デザイン

安心安全なモダンデザイン

トヨタホーム九州株式会社の口コミや評判

担当者の対応がよかった。提案力があり、理想の家を想像しながら話ができた。契約時は他社と比較したが、値引きも大きくしてくれたのが決め手になった。

引用元:https://life.oricon.co.jp/

担当者がすごく頼れる。今でも災害があればすぐに連絡をくれる。

引用元:https://life.oricon.co.jp/